ABOUT US ― インタビュー

[ 代表取締役 ]角谷 潤

最高の力を発揮できる環境で最新のテクノロジーを学べ

カドヤ

通勤に往復3時間かけるなら自宅で仕事をしたほうがいい

─ 一人ひとりに最高のパフォーマンスを発揮してもらうために

短い時間でより良いプログラムをつくるには、1日を有効に使えたほうがいいからです。エンジニアやプログラマーが往復の通勤に3時間かけるくらいなら、その時間分を自宅で仕事をするか、眠ってもらったほうがいい。プログラム開発は一旦とりかかると、9時から18時の間、トイレに行く以外はずっとモニタ前に張り付くこともあるような仕事。

しかも社員のなかには子育て中の人がいて、お子さんが熱を出したときなどは家で仕事をしていたほうが安心でしょう。一人ひとりに最高のパフォーマンスを発揮してほしいので、必ずしも出勤にこだわっていないだけです。

─ サーバーフリーの強みとは

高い水準の技術力ですね。当社は最新の技術をキャッチアップし、開発に活かしています。今ですとMVC5やNETFramework4.5.2、ステートレスなどです。 一般的に大きな仕事ほど安定を求め、実績のある技術を使いたがる傾向があります。つまり予想外のことが起こらない古い技術ともいえます。私自身が大手企業から独立した背景には最新の技術で最新のことをやりたい、という気持ちがあっただけに、つねに学びながら、技術力を磨くことにはこだわっています。
と同時に、デュアルディスプレイや広い机など、開発機材や職場環境に対するお金は惜しみません。私たちの一番の使命は、バグのない品質の良いプログラムをお客様に提供すること。社員には生産性が上がる環境で働いてほしいのです。

─ 最新の技術を学びたいという気持ちがある人募集中!

プログラム開発に興味があって、パソコン好きであれば未経験者でも構いません。技術は先輩たちがしっかり教えてくれます。
私たちは頼まれた仕事に対して「できません」と言いません。「本当にできないのか」「こうしたらできるんじゃないか」とトライし、早い段階からお客様にイメージを見せながら仕事を進めていきます。お客様の描くイメージを設計力、技術力でシステム化できる力はどこにも引けを取りません。この環境で学んでいけば、数年後には一人前のエンジニアになれます。
今後は社内開発のウエイトを上げていく予定です。最新の技術を学びたいという気持ちがある人は、ぜひ、扉を叩いてほしいですね。




[ 1チームリーダー ]安田 豊

最適なITを選択するために考えつくすことが楽しい

チーム1リーダー

最初はわからないことだらけ新人はなんでも先輩に聞け

─ 仕事の面白さとは

 私たちの仕事が最終的に顧客の利便性につながることですね。「おかげでシステムが使いやすくなったよ」「ありがとう」という言葉をお客様からもらえると、「苦労したけれども、この仕事をやってよかった」と思います。 

また、求められた仕事のために最適な手法は何なのか、たくさんある技術のなかから選択するために考えつくすことも楽しいですね。当社は新しい技術に積極的にトライする風土。技術は目覚ましい勢いで進歩しているので、日々勉強しなければいけませんが、それすらも楽しい。その一方で既存の安定した技術を使い、システムのメンテナンスをする仕事があります。新旧の技術に接することができる点が、この仕事の醍醐味です。

─ PCが好きで、やる気がある人募集中!

努力ができる人ですね。新人でプログラムがわからないときは、先輩が作ったソースを見て、わからないことは聞くことが大切。そういうことが自然にできる人です。最初はだれもわからないもの。私も昔はそうでした。PCが好きで、やる気がある人ならきっと大丈夫です。




[ 3チームリーダー ]奥田 久美子

育児をしながら最新技術を習得この会社ならそれができる

チーム3


─ サーバーフリー立ち上げのメンバー

 代表の角谷からは、立ち上げの前からよく仕事を頼まれていました。プログラマーとしての能力を評価してくれたうえで、立ち上げに誘ってくれたのは嬉しかったです。

─ サーバーフリーなら育児と仕事の両立は大変ではない

産休、育休は規程の最大限をもらえ、今は育児をしながら在宅で仕事をしています。育児をしながら働くことを、引け目に感じさせない雰囲気が会社にあるので、非常に働きやすいです。私以外にも在宅勤務は、障害がある社員が一人います。入社以来、彼は一度も出社していませんが、結果を出しています。

─ 今後の目標を教えてください。

 webだけでなく、スマホ対応の技術など新しい技術を取り入れる意欲の高い会社なので、どんどんそういう技術を自分のものにしていきたいです。もちろん、子育てと両立させながら。この会社ならそれができるんです。